~ 社会と繋がり 地域と繋がり
より快適で豊かな未来へ ~

新しい
イノベーション創出

横浜国立大学の産学官連携

ABOUT US

YNU

横浜国立大学は、横浜駅からわずか3kmという好立地に455,531㎡という広大な敷地面積を持つ神奈川県唯一の国立大学です。緑豊かなキャンパスには人文系・社会系・理工系の3分野が集約されており、文理融合の教育、研究、社会貢献のイノベーションを推進しています。地域社会や産業界と未来ビジョンを共有しての連携についても力を入れており、持続可能な豊かな未来の実現を目指し、変革する社会の課題解決に向けて新たな価値創出を目指しています。 当サイトでは、横浜国立大学の研究・技術・出展イベントなどの情報をご紹介しておりますので、是非ご参照いただき、ご関心がありましたらお気軽にお問合せいただけますと幸いです。

  • 研究推進機構 産学官連携推進部門 
    部門長

    吉川 信行

    横浜国立大学では、本学の知を集結して社会課題の解決やイノベーションの創出に繋げるために、企業、官公庁、金融機関との連携を強力に進めています。それらを効果的に推進するために「研究シーズ育成プラットフォーム(仮称)」を立ち上げ、学外の方々がワンストップで本学との交流を持てるように整備を進めております。これにより、多くの産学官金連携が生まれ、社会課題の解決や新産業の創出に発展することを願っております。

    産学官連携コーディネーターが
    ご相談に乗ります

    「我が社の課題の解決、誰に相談すれば?」「研究費って一体どのくらい必要?」「大学の研究成果や保有する知的財産についての情報を知りたいのですが?」「公的資金に応募するパートナーを探しています」
    教員に相談する手前のお困りごと、具体的なパートナー探し、産学連携にお悩みでしたら、まずはコーディネーターにご相談下さい。

YNU研究拠点紹介

研究者たちが自発的に形成した多様性の高い研究グループ群のうち、大学からの拠点認定を受けたものが「YNU研究拠点」です。学際的で、異分野融合を生み出しやすい風通しのよさがあり、研究活動が外部との連携に発展したり、若手を育む場としても重要な役割を果たしています。

持続可能な
モビリティシステム研究拠点

研究拠点長
有吉 亮

持続可能なモビリティシステム研究拠点(愛称:サスもシス)では、低環境負荷・財政的安定・社会包摂に配慮した持続可能な交通システムの実現を目指し、神奈川県内を中心としたフィールドで、以下の研究課題に取り組んでいます。

① 既存の交通手段を利用しやすくするための情報・サービスの連携(MaaS)に関する研究
② 自家用車への過度な依存を抑制するための新たなモビリティサービスの創出に関する研究
③ モビリティサービスの魅力を高めるための空間デザイン(車両、結節点、街路)に関する研究
④ モビリティサービスの基盤となる交通インフラ(道路、交差点、駐車場等)の機能保持と運用効率化に関する研究
⑤ 交通および都市政策の立案に資するモビリティ関連データ基盤の構築に関する研究
⑥ 公共交通指向型開発(Transit Oriented Development: TOD)とその骨格としての公共交通システムのあり方に関する研究

なお、これらの取り組みの多くは、科学技術振興機構(JST)センター・オブ・イノベーション(COI)プログラムの支援によって実施されています。

他の研究拠点はこちら MORE INFORMATION
横浜国立大学 研究者ナビ

横浜国立大学が所有する研究シーズや技術情報を、「社会課題」「SDGs」「所属」というカテゴリー分類から探すことが出来るWebデータベースです。企業・自治体・研究機関の皆様が必要とされる技術を保有する連携パートナー(教員)探しにご活用下さい。

パートナー探しへの具体的なアドバイスが必要な場合は、産学官連携コーディネーターが対応いたしますのでお気軽にご相談下さい。